医療用のウィッグの必要性と選ぶ際の注意点

かつらと聞くと、加齢により頭髪が薄くなった男性が薄毛を隠すために着用するというイメージが強くあります。確かにその様にして着用している男性はいますが、最近は女性でもかつらを着用している人が珍しくはありません。髪は女の命という言葉もある様に、男性よりも女性の方が髪の毛に対する重要度は基本的に高いと言えます。ですがそんな大事な髪の毛も、癌になってしまい抗がん剤治療を受けるとなると大量に抜け落ちてしまうのです。女性にとって大切な髪の毛が抜け落ちてしまい、しかもその姿を他人に見られてしまうのはかなりの苦痛だったりします。癌という大病と闘うべき状況の中で精神的な苦痛が加わるのは、当然ですが望ましい事ではないです。そこで髪が抜け落ちるという苦痛を和らげるべく、医療用ウィッグと呼ばれる所謂かつらを着用する女性が増えています。

選ぶ際にチェックすべきポイントとは

普段から髪型に強い拘りを持つのは、男性よりも女性の方が圧倒的に多いです。しかも闘病中で気が滅入りがちな時こそ気分転換が重要であり、気晴らしにお洒落を楽しみたいという女性は少なくありません。医療用とはいえウィッグを選ぶ際には、出来るだけお洒落な髪型に出来る物を選ぶ必要があります。実際最近では闘病中の女性の気晴らしも兼ねて、医療用でもお洒落な物が増えており選択肢は多いです。ただし幾らお洒落な物でも、ぱっと見でかつらと分かる様な不自然な物は避けるべきなので自然に見えるかどうかというのは重要な要素だったりします。更に抗がん剤の副作用により、闘病中の頭皮というのはかなりデリケートな状態です。お陰でちょっとした刺激でも頭皮トラブルが生じる恐れがあるので、なるべく刺激の少ない物を選ぶ必要があります。

購入すべきお店を選ぶ時に注意すべき点

調べてみれば分かりますが、現在医療用のウィッグを扱うお店は幾つか存在しています。お陰でどの店を選ぶべきかで迷う女性も、珍しくありません。まずお店選びの基本としては、医療用のかつらを専門に扱う専門店を選ぶ事です。抗がん剤での治療中は髪の毛が抜けるだけでなく頭皮が弱った状態であるため、頭皮トラブルも生じ易かったりします。なので刺激の少ない商品を選んで使用していても、頭皮トラブルが生じてしまうケースは少なくないです。専門店であればその様にトラブルが生じた場合に、かつらではなくキャップを使用する等してトラブル回避のためのアフターケアを行ってくれるケースもあります。同様に専門店であればかつらの調整等も万全に行ってくれる可能性が高いので、購入するお店は専門店の中から選ぶべきです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加